社会保険加入のメリット

1.社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入すると従業員に安心して働いてもらえます。

●健康保険に加入していると・・
従業員が業務外の病気又はケガをしたとき療養の給付(被保険者証を医療機関に提示すると3割負担)や傷病手当金(働くことができないときに支給されます)があります。

●厚生年金保険に加入していると・・
厚生年金保険に加入すると将来、年金がもらえます。


2.定着率がアップ
社会保険に加入しているという安心が従業員の定着率アップにつながります。優秀な人材を逃がさないためにも社会保険への加入は必要でしょう。


3.優秀な人材獲得=企業の発展
多くの人は企業の採用募集要項を見るとき社会保険への加入を最低限と考えています。企業の発展に大事なものは人・物・金と言いますが、多くの人に募集してもらい優秀な人材を獲得するためにも社会保険の加入は必要でしょう。

社会保険加入のデメリット

会社は社会保険料の半額を負担しなければなりません。したがって、従業員を雇うときは社会保険料の負担がどれくらいになるかを実際に計算してみましょう。

このページの先頭へ