社会保険の加入方法

社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入義務がある場合、届出書を年金事務所に提出します。加入は会社を設立する場合は設立後、個人事業の場合は適用事業所に該当した後です。

届出書は年金事務所に各種用意されていますが、社会保険の加入に必要な用紙は「新規適用届」です。

新規適用届には次のような添付書類が必要です。

【添付書類】
・被保険者資格取得届
・被扶養者がいる場合は被扶養者(異動)届
・保険料口座振替納付申出書
・法人の場合は登記簿謄本
・個人事業の場合は事業主の住民票
・賃貸契約書の写
・労働者名簿
・出勤簿
・賃金台帳


※状況によって必要のない書類もあります。



新規適用届の提出期限は強制適用になってから5日以内です。

会社設立のためには代表者印の作成・定款の作成・登記などの手続きが必要ですし、資金調達・賃貸契約・設備投資・顧客開拓・広告などやらなければいけないことは山ほどあります。

事業の成功という大きな夢を実現させるためにも、貴重な時間を煩雑な手続きに費やすのはもったいないです。そこで、社会保険の加入手続きは社会保険労務士に任されてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ