社会保険の加入義務

次に該当する事業所は社会保険(健康保険と厚生年金保険)に加入にすることが法律で義務づけられています。

該当する場合、事業主が加入するかしないかを決めることはできません。


◆法人の事業所
法人の場合、1人でも使用される者がいれば社会保険の強制適用事業所となります。また、社長1人でも法人に使用される者として加入が義務です。


◆常時5人以上の従業員を使用する個人事業所
個人事業所の場合、常時5人以上の従業員を使用するのであれば社会保険への加入が義務です。
ただし、例外として、農林水産業・サービス業の一部(飲食店など)・法務業などは5人以上でも加入しなくてもいいことになっています。

加入義務はないけど社会保険に加入したい場合

次の条件を満たした場合、加入義務がない事業所でも社会保険に加入することができます。

1.従業員の2分の1以上が社会保険の適用事業所となってもいいと同意した
2.社会保険事務局長などの認可を受けた

このページの先頭へ